FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第68回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・NHKアニメ劇場「火の鳥」オープニング テーマ曲 [チェン・ミン / 諫山実生]

  3. 第 3 位 ( △ )
    RYTHEM「万華鏡キラキラ」
    TSB 日テレ・ドラマ「光とともに・・」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌
    ♪ストリングスのアレンジが美しい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    浜崎あゆみ“Moments”
    コーセー化粧品 テレビCMソング
    ♪1位 1週、登場 5週。


 昨年から続けているテレビ番組ビデオテープの整理。約300本の内、100本ほどを片付ける事が出来ました。とにかく無ラベルのテープや 意味不明の記号、さらに日付だけのシールが貼ってあるテープが多くあります。再生してみないと内容が解りません(笑)。そして今週また懐かしいテープを発見しました。外国テレビドラマ「刑事コロンボ」です。

 NHKは 1972年12月から 1979年 1月までの本放送の後、何度も年末などに再放送をしていました。しかし、将来的にも重要な放送コンテンツなのに、放送権を手放してしまいます。その後 放送権を取得したのが 日テレでした。今回「金曜ロードショー」で放送された名作エピソードの古い録画テープが 3本ほど見つかりました。

 NHKでの本放送は、小学から高校の頃で、既に外国テレビドラマに目覚めていた私は「刑事コロンボ」のある土曜日 夜が楽しみだったのです。当時「今晩の番組から」という総合テレビの予告番組が、夕方 6時台に放送されていて、刑事コロンボの「さらば提督」本放送の日、サワリも含めて詳しく紹介していたのを、なぜか鮮明に覚えています。

 名声優・小池朝雄が吹き替える Peter Falkが演じた、ロサンジェルス市警察の コロンボ警部は、愛すべきキャラ と 明晰な推理で社会的地位のある犯人を追い詰めます。そして重犯罪を見事に立証していきます。とにかく冒頭で犯人は 解っています。コロンボは 微細な痕跡を見逃しません。正確な洞察力によって、犯人を極めて早い段階で推定します。

 その後 犯人の地位や職業を徹底的に研究理解し、時に愛情まで注ぎながら、最後は 明確な論拠を指摘していきます。それ故 ドラマの中では、犯人が何度も訪ねて来るコロンボに うんざりといったシーンが多く視られます(笑)。そして ラストの解決パートを視ている時の吸い込まれるような感銘は、この名作ドラマでしか得られません。

 音楽は、Bernardo Segallaが、その解決パートを中心に印象的で美しい劇伴をスコアしています。刑事コロンボは、劇伴音楽をあまり使わないドラマだと認識していますが、急所の場面になると、躊躇なく劇伴音楽が流れるのが特徴です。特にラストの劇伴 と 本国版クレジットの劇伴、そして日本版クレジットでの音楽効果は 抜群です。

 刑事コロンボは、現在も制作されていますし、俳優・石田太郎 氏は良くやっていると思います。しかし、やはり故・小池朝雄 氏が吹き替えた 45エピソードだけが、私にとっての「刑事コロンボ」の総てです。私が好きな作品は「魔術師の幻想」「秒読みの殺人」そして最高傑作「別れのワイン」。この3作品の録画テープは、所有を確認しました。


(追記) 紹介した 3作品の録画は デジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年04月23日 の週間選曲リスト と『 刑事コロンボ 魔術師の幻想 秒読みの殺人 別れのワイン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。