FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第109回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]
    ♪総花的な和音構成だが耳に馴染んでくると気付く楽曲の美しさ。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC MBS・ドラマ30「メモリー・オブ・ラブ」劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪1位 2週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲
    ♪1位 3週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]


 8日に インターネット大手企業の「ライブドア」が東京の主要AMラジオ放送局「ニッポン放送」(JOLF・1242KHz)の発行済株式 35%を取得し筆頭株主になったと、NHKニュースを始め大きく報道されました。

 ライブドアは 800億円の転換社債(CB)を発行し買収資金を調達。時間外の市場内取引によってニッポン放送株の買い付けを実施し、関連会社の買い付け分と合わせて 1147万7030株を一気に保有しました。

 翌 9日 東京証券取引所 第2部に上場されている ニッポン放送の株価は、投資家達の思惑から変動値幅制限いっぱいのストップ高となっています。

 ニッポン放送は、産経新聞と並ぶフジサンケイグループの母体であり実質的な持ち株会社です。

 ライブドア側としてはニッポン放送の経営支配権を まず掌握。そしてフジテレビやフジサンケイグループ全体を、ライブドアの傘下に置く事が狙いの様です。日本では初めてとも言えるマスメディアがターゲットとなった企業買収劇に、大きな波紋が広がっています。

 実はこのブログも現在 正式なブログサービスへの移転を考えており、ライブドアのブログサービスも「有力候補」として検討しています。

 ライブドアのブログサービスは、堀江貴文 社長自らブロガーとして利用。常に先進的な改善をはかっており、既存のブログサービスでは 最も優れていると思っています。しかし、ライブドアにインターネット事業とは異なり、免許事業である放送局経営の適性があるかどうか、はっきり言って まだ解りかねます。

 最近「放送と通信との融合」が声高に叫ばれています。しかし、放送メディアに固有の文化や倫理の存在が無くなれば、放送は通信へ吸収されるだけとなってしまいます。

 特にラジオ放送事業は、収益至上主義優先になると先行きの舵取が難しくなるのが必至です。やはり放送エリアの地方公共団体や住民が主体となって、ますます公共・公益性を高めていく将来像こそラジオメディアにとって現実的です。

 今回のニッポン放送 買収劇が、マスメディア進出の単なる足掛かりに過ぎないのでしたら極めて残念でなりません。ライブドアの堀江貴文 社長に どの様な放送文化や放送倫理のテーゼがあるのかも、今のところ不明確で強い疑問が残ります。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。