FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第291回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    星村麻衣「ひかり」
    SBC TBS・日曜劇場「tomorrow ~ 陽はまたのぼる」主題歌
    ♪ヴォーカルとシンフォナイズされたアレンジが調和した佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Oasis“The Shock of the Lightning”


 『第29回 オリンピアード競技大会』が、24日 閉幕しました。

 一部で懸念されたミュンヘン夏季五輪の様な「重大事件」も発生せず、無事閉幕し なによりでした。

 大会14日目の陸上男子100m×4リレー決勝で、日本チームは 銅メダルを獲得しています。トラック競技では、実に80年ぶりのメダルになりました。第1走者の塚原直貴 選手は、長野県 岡谷市出身です。

 今回の五輪表彰式では、準決勝に敗れた失意の中で、受け取った銅メダルを投げ捨てたレスリングの外国選手もいました。

 人は真摯な努力の積み重ねが、外から認められた時のみ輝くものです。自ら輝きたいという欲求から先回りした瞬間に、その光は失い始めます。

 リレーの日本チームは、将来の日本短距離陸上のため礎になろうと覚悟をした選手達です。その礎の上に ひとつ結実した銅メダルは、金メダルより光り輝いています。

 日本・外国選手 問わず「3位」銅メダルの存在を強く意識させられた、今回の夏季五輪でした。

 【獲得総メダル数:金 9 銀 6 銅 11】

 ご苦労様 日本選手団。連日のオリンピック放送、視聴お疲れ様でした。


 以前紹介しましたブログのデータベースの構築が完成し、運用を開始しました。

 ブログのデータも 5年8ヶ月分になると膨大な量です。コツコツ検証入力する作業を続け、ようやく完成しました。

 データベースのおかげで、例えば今週のリストイン曲は、第1回ランキングから通算 226曲目。今週の1位は、通算90曲目の楽曲だと すぐ数値が出てきます。

 通常ならばExcelで作成しますが、全てのデータベースをGoogleドキュメントで構築しています。予備のPCや代用環境でもアカウントから呼び出せ、全く変わらずデータベースを利用できます。

 将来PCも 携帯端末の様に廉価となる可能性があります。このブログもそうですが データファイルは、これから少しずつ外部サーバでも管理していこうと考えています。

 Googleには、数十万台に上る全世界に分散された巨大なサーバ群(データセンター)があります。深く考えていくとセキュリティの面からも、たった1台のローカル環境で自分のファイルを全て保管するという こだわりは、少しずつ捨てざるを得ない様です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年08月29日 の週間選曲リストと『 北京夏季オリンピック 閉幕 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。