FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第320回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Kalafina“Lacrimosa”
    TBS MBS・アニメ「黒執事」エンディング テーマ
    ♪編曲は 梶浦由記。

  2. 第 2 位 ( △ )
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]
    ♪1位 6週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]
    ♪時代劇のテーマ音楽らしからぬ大変ユニークな和声。


 2009ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が 24日 行なわれ、日本が 5-3で韓国に勝利し連覇を遂げました。

 決勝戦の平均視聴率は、平日昼にもかかわらず関東地区で 36・4%。瞬間最高視聴率も 45・6%をマーク。「ダブル エリミネート方式」のため、なんと 9試合中 5試合が韓国戦という実に不思議な(笑)トーナメントを勝ち抜きました。

 とにかく準優勝チームと 5回戦った末での優勝なのですから、地力の差が結果に反映されたのだと思います。侍ジャパン、本当に おめでとう ございます。


 21日に NHK総合テレビで放送された「日本のこれから・放送記念日特集 ~ テレビの、これから」。WBC決勝とは だいぶ違う 第1部 8・0%、第2部 6・8%(関東地区)という視聴率でしたが、この番組を視て驚かれた方も多いと思います。

 民放テレビの主要制作者を大挙NHKへ呼び、生放送でテレビの将来について議論させる、日本の放送史上初の試みでした。

 阪神淡路大震災の時「NHKニュースおはよう日本」のメインキャスターだった今井義典 NHK 日本放送協会副会長の隣には、テレ朝躍進の立役者である広瀬道貞 前テレビ朝日社長が、日本民間放送連盟会長として出席。民放全パネラーのNHK出演と発言の自由を担保した上で、番組が進行されました。

 最も注目したのは、キー局・準キー局以外から ただひとり、HTB北海道テレビの藤村忠寿 ディレクターがパネラー出演した事です。

 藤村忠寿 氏は、このブログでも何度か取り上げたHTB制作・著作のバラエティー番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクターです。

 藤村Dの発言は、現状の危機感に明確な認識と自分なりのテーゼを持ち説得力がありました。それとアナウンサーを含めて(笑)やはり断トツの滑舌の良さです。

 またテレビに批判的な発言ばかりの視聴者パネラーの中で、ひとり「水曜どうでしょう」を絶賛したパネラーがいて、その言葉に「ありがとうございます」と頭を下げた藤村Dは、誰にも通ずる誠実な社会人の姿でした。

 それにしても藤村Dの「顔」が最も放映されたのが、NHK総合テレビの生放送とは実に不思議な感じです(笑)。

 壮大な番組のコンセプトに呑まれたのか、民放をヨイショし歯が浮く感じさえ覚えた(笑)武内陶子 NHKアナウンサーや、逆にNHKを やたらヨイショしていた(笑)「探偵!ナイトスクープ」の松本修 ABC朝日放送プロデューサーとは対照的に、やはり全出演者の中で藤村Dが 一番光っている印象を受けました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年03月27日 の週間選曲リストと『 藤村ディレクター NHK出演 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。