FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第604回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・ザ プレミアム「おそろし ~ 三島屋変調百物語」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村由利子]
    ♪高度に練り上げられた時代劇シリーズに、和声感抜群な美しい劇伴がある。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「タイムスパイラル」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    チューリップ「博多っ子純情」
    ♪当時のフォークソングというよりジャズやブルースの調性も有する実に美しい佳曲。NHK-FM「ミュージックプラザ」で聴く。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Priscilla Ahn“Best I Can”
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「そこをなんとか2」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    JUJU「ラストシーン」
    NHK総合・ドラマ10「聖女」主題歌


 7日に スウェーデン王立科学アカデミーは、今年のノーベル物理学賞を、赤崎勇 名城大学終身教授、天野浩 名古屋大学教授、中村修二 カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の 3氏に授与すると発表しました。

 日本人受賞は、医学生理学賞の山中伸弥 京都大学教授以来 2年ぶり。日本人の受賞者は、一気に 3名増えて合計 22名となりました。

 NHKは、授賞発表直後の 7日 午後6時51分に「ノーベル物理学賞に青色LEDの 中村修二・赤崎勇・天野浩の各氏」と、ニュース速報を流しました。

 NHK総合は まだローカル放送の時間帯でしたが、長野放送局(JONK)の「イブニング信州」で山田康弘 アナが音声による受賞の第1報を伝えています。その後 NHKニュース7に入り、武田真一 アナがオープニングなしで詳報しました。

 ノーベル賞授賞式は、受賞者が過去母国で受けた勲章を着用する実にフォーマルな式典です。ですから日本人受賞が決まると、国は その年の文化勲章を授章させるのです。

 受賞者の中で赤崎勇 名城大学終身教授は、既に1997年に紫綬褒章、2011年には文化勲章を受章しており「青色LED生みの親」として国内で その業績が確定していました。

 20世紀内では実現が無理と言われた、LEDによる三原色の最難関だった青色の表現を、1500回を超える実験の失敗の果てに、同時受賞した弟子の天野浩 名古屋大学教授と共に成功させました。

 「我ひとり荒野を行く」が如き孤高の基礎研究を見事に成就させた赤崎勇 名城大学終身教授は、3名の受賞者の中で、やはり業績・人格ともに素晴らしかったです。

 ただ受賞インタビューを視聴していて、天野浩 名古屋大学教授の香寿美 夫人には、ご亭主の業績を自分自身の彩りの様な表現をする語彙選択が多くあり少し引っかかりを覚え、これから皇室行事を含む一連の祝賀日程に妙な心配が湧き上がってきました(笑)。

 また中村修二 カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の「2万円VS200億円」特許訴訟には、その両訴訟当事者の拝金主義な行動に、これは以前から引っかかりを覚えていました。

 しかし、3名が一貫して青色LEDの研究を貫いたおかげて、ロウソク → 白熱電球 → 蛍光灯 → LED という「第4世代の照明」が実現し、携帯情報端末のディスプレイなど あらゆる分野に応用されたのは、この国の誇りなのです。

 8日は、全国で皆既月食が観望できました。翌9日の中日新聞朝刊1面に、名古屋大学 豊田講堂にある青色LEDを使った時計台と淡く赤銅色に輝く皆既食の月が、1枚のフォトとなって載っていました。日本の物理学の結実を、古来から変わらぬ天文現象が まるで祝福している様でした。

 ノーベル物理学賞、本当に おめでとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。