FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第671回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    シシド・カフカ“Crying”
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Randy Houser“We Went”
    ♪典型的なカントリーロックだが終奏部の和声が素晴らしい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲


 どうにか歯科治療が終了しました。約1年かかりました。

 先週抜歯したところに人工の歯「ブリッジ」が入りました。ところがブリッジの表面部分に不具合があり今週少し治してもらい、無事担当の先生から治療終了の御託宣(笑)を頂きました。

 このブリッジに関しては治療代もお高いし(笑)両脇の歯を土台にして人工の歯が本当に支えられるのか? とか、この人工の歯は歯茎に触れて違和感がないのか? とか、入れる前は色んな疑問が頭をよぎりました(笑)。

 ところがです。実際ブリッジを入れてみると、最初の日あたりは ちょっとキツい感じの違和感がありましたが、数日経つと違和感は消えました。歯茎に触れている感じも全くなく、まるで今まで抜けていた部分に歯が突然生えたかの様です(笑)。

 お値段は少々はりましたが、ブリッジを入れて良かったと思っています。このブリッジ10年ぐらいは、自分の歯として維持出来ればと考えています。

 去年の 1月に相当な痛みが走りまくる状態(笑)で急患から歯科治療を開始しました。痛む歯以外にも歯茎全体の状態も良くなく、歯周病も進み始めていたのですが、この1年の治療中に 6回に渡り麻酔を打ち、歯周ポケットの奥まで歯石を取ってもらいました。

 歯科治療の度に、毎回麻酔を打って歯石取りと言うのは なかなか大変でしたが、1年経って全ての歯と歯茎は状態が改善し、歯周病も殆ど治ってきました。

 虫歯になっている歯の治療も大事ですが、一旦歯科治療を始めるのでしたら、徹底した歯石取りは大切だとつくづく感じました。本当に全体の歯がしっかりしてきます。

 以前は健康保険から表彰を受けるくらい、無診療期間記録を維持してきましたが、ここ1年は全く逆に同じ健康保険から、例の医療費のお知らせ(笑)が頻繁に届く様になりました。

 それでもまた我慢出来ないほど、歯が痛くなってから歯科に行くのではなく(笑)健康保険を使って半年に1度は歯科検診を受けたいと今では思っています。


 ここ松本市内は 1月29日夜にかけて、雨とも雪とも判断がつかない実に湿った雪が山間部に降り、自宅から10数キロ先の美ヶ原高原で、倒木が原因の道路閉鎖による集落の孤立や長時間の停電がありました。

 30日午後2時50分には、極めてレアなNHK長野放送局(JONK)独自の特設ローカルニュースを総合テレビで放送。その日の全国ニュースでは、トップで この孤立騒動を報道していました。ただ自宅近くは15センチの積雪量程度で、停電等もなく全く問題はありませんでした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年02月05日 の週間選曲リストと『 歯科でブリッジを入れる 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。