FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第748回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・海外テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Place Of Love”
    ♪抜群の調性感を有するデリコサウンドの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「おんな城主 直虎」テーマ音楽[菅野よう子]


 3日に、第3次 安倍内閣の第3次 改造がありました。前回の改造も、8月 3日で、ちょうど1年目の改造となります。

 今回の改造でも麻生 副総理(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)菅 官房長官という骨格には変更がありませんでした。その中で、野田聖子 総務大臣、河野太郎 外務大臣、そして鈴木俊一 五輪担当大臣に意外性を感じました。

 組閣に関する情報は前日の午後あたりから漏れ始め、深夜には ほぼ閣僚の顔ぶれが内定。当日は 午後1時27分、留任した菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿が発表されました。NHK総合・信越放送・長野放送・長野朝日放送が生中継しています。

 この閣僚名簿発表を視ていて気付いたのは、内閣担当と内閣府特命担当の多さです。働き方改革だの まち ひと しごと創生だの 人づくり革命だの(笑)発表した菅 官房長官が言い間違えて訂正する一幕もありました。

 特命事項は 主幹大臣に任せるのが筋で、復興・五輪など法律によって増員が認められた大臣ポストこそ、真の特命担当大臣だと考えます。また革命の他にも「横滑り」という語彙も、発表される閣僚名簿で使うべきではないと思いました。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・茂木敏充 経済再生担当国務大臣、4位・野田聖子 総務大臣、5位・林芳正 文部科学大臣 となっています。

 7月28日に稲田朋美 防衛大臣が辞任し、この内閣改造までの 7日間は、岸田 外務大臣が防衛大臣を兼務しました。正直に言って私は一連の陸自日報問題よりも遥かに、この外務・防衛大臣兼務の人事が驚きでした。

 外務大臣は 我が国の外交を司る重要閣僚であり、防衛大臣は 我が国の国防を司る重要閣僚です。外務大臣と防衛大臣は、極めて重大な国運の原因と結果の関係をもたらす、最も分離しなければならない閣僚です。緊迫した外交交渉の最高責任者が、同時に防衛攻撃命令を発する最高責任者を兼ねていたら、相手国は一触即発のメッセージと受け取ってしまいます(笑)。

 外務大臣と陸海軍(防衛)大臣の兼務例など、太平洋戦争を開戦遂行した東條英機 内閣(17日間)や、韓国併合をした桂太郎 内閣(45日間)ぐらいなものです。案の定 7月29日に北朝鮮はICBMの発射実験を決行し、岸田 外務大臣が防衛省のトップとして対応に追われています。

 外務大臣に防衛大臣を兼務させる事自体、安倍 内閣の秘蔵っ子だった稲田 前防衛大臣を守り切れなかった防衛省組織に対する、安倍 首相の不満のシグナルとも受け取れますが、外務大臣と防衛大臣さらに財務大臣は、例え短期間でも国家の根幹を支えあう、意図的な兼務は許されない重要閣僚だとの認識は必要だと考えます。

 最近安倍 首相の体調はどうなのか? あまり報道もないので少し気になっていますが、革命や横滑りという語彙を気にせず使う内閣官房、外相の防衛相兼務、やたら多い特命担当など注意シグナルが垣間見える中で、憲法改正の自民党提案が視野に入った 安倍 内閣の今後に注目が集まっています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年08月04日 の週間選曲リストと『 第3次 安倍内閣 第3次 改造 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。