山の日 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第749回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]
    ♪対象サウンドトラック楽曲は“Memory”。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Place Of Love”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「おんな城主 直虎」テーマ音楽[菅野よう子]


 今日は「山の日」です。2016年に 国民の祝日として制定されました。国民の祝日に関する法律改正で、ハッピーマンデー制度が取り入れられて以来、海の日をはじめ一部の祝日は、第2や第3月曜日と定められて、日付が変動する様になりました。もちろん元旦や建国記念の日、勤労感謝の日など、日付自体に意味を有する祝日は変動しません。

 山の日の場合、海の日同様に曜日指定でも構わないのではないか? と思うのですが、制定当初から 8月11日と固定されています。これは国民の祝日に匹敵するほど社会に浸透している、旧盆休みを充分意識した設定です。沖縄などを除き旧盆は、13日(迎え盆)から 16日(送り盆)で、前後に土日が来ると嬉しくなるのが、例年沸き起こる気持ちでした(笑)。

 同じく社会に浸透している年末年始休みですが、当たり前過ぎて、元旦を国民の祝日と意識する事は ほとんどありません(笑)。ところが山の日は、お盆休みの 2日前に固定されました。これは元旦の数百倍以上の有難みがあります(笑)。今年はお盆休みが事実上 2日間延長されました。これから山の日 と 旧盆休みが有る限り、楽しみが ゴールデンウィークの様に増幅します。

 実は 4年ほど前、仕事の筋で知り合った方に、文章を書いてほしいと頼まれた事がありました。海の日があるからには、山の日を新たに国民の祝日として制定する運動を、信州の地から起こしたい。ついては某市議会に請願するから、請願理由の原案を書いて欲しいとの事でした。なるほどと思いながら、期日までに請願理由の骨子を仕上げて提出しました。

 その請願理由の骨子の文章は、気負う事なく書き上げた記憶があります。心の中では、そんなに簡単に 山の日 が 国民の祝日に制定される訳はない。早くとも 10年以上かかると甘く見ていたのです(笑)。ところがです。山の日は、僅か 2年後の昨年、国民の祝日として制定されました(笑)。こんなに早く 山の日が、国民の祝日になるとは 思ってもみませんでした。

 私は、その骨子の文章に、既に制定されている海の日に対抗して(笑)山の日の祝日意義を「美しき山岳を尊び、国民が山々の連なる国土を愛護する日」と書いています。これならば海の日と 五分五分 になるだろうと思ったからです(笑)。そして実際に、国民の祝日に関する法律に定められた 山の日の意義は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。」とされています。

 自宅は、賃貸マンションの 3階ですが、サッシの先には 北アルプスの山々が広がっており、玄関方向に見える里山は 美ヶ原高原です。山の日 だけでなく、1年 365日 山に親しむ環境です。アルプスを毎日視ながら生活している私にとって、山の日 を国民の祝日として祝う意義は、旧盆休みが伸びる事以上に(笑)この澄み切った空気からも感じています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、11日に 38万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年08月11日 の週間選曲リストと『 山の日 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。