FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第775回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アンナチュラル」劇中効果音楽 [得田真裕]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    TSB YTV・プラチナイト 木曜ドラマF「リピート ~ 運命を変える10か月」劇中効果音楽 [松本晃彦]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    米津玄師“Lemon”
    SBC TBS・金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌
    ♪旋律の類例を感じさせない精密な佳曲。ドラマ内で主題歌が流れるタイミングが絶妙。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Maika Loubté“THE CHOYA 2017”
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽
    ♪1位 3週、登場12週。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、14日に 40万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

 平昌冬季オリンピックは、前半戦が終了しました。日本選手団の活躍が続いており、16日現在銀 4個、銅 3個を獲得しています。但し まだ金メダルは ありません。獲得メダル数の国別序列は、金・銀・銅にそれぞれ配点して、総合得点で序列するのではなく、スポーツの最高勝者は、常に「1」である原理から、金メダル最優先で決まります。

 以前にもブログに書きましたが、各マスメディアは、獲得メダル数の国別序列を(1)金メダル獲得数(2)金メダル獲得数が同じ場合は 銀メダル獲得数(3)金・銀メダル獲得数も全く同じ場合は 銅メダル獲得数。そして(4)金 銀 銅メダル獲得数全て同じ場合は、IOC国名コード(3文字の略称 – 日本は“JPN”)によるアルファベット順、としています。

 金メダルがゼロの場合、銀・銅メダルを獲得した数がどんなに多くても、金を1個だけ獲得した国のほうを上位とするシステムです。総合得点方式でなく 1位獲得数の絶対性を重視する評価方式は、単純の様に見えて理に叶っています。この考え方は、週間選曲リスト・ルールの年間(全期間)ランキング要項でも採用しています。

 オリンピックは、全ての競技種目において、3位までの順位に対して表彰式でメダルを授与します。しかし 4位以下にはメダルは授与されず絶対差があります。さらに 1位から 3位間にもメダルの色という絶対差があり、1位と 2位の間には、表彰式での国歌演奏の有無という絶対差まであります。これらの絶対差の存在に オリンピック競技大会の権威の源が存在するのです。

 今回の五輪放送を視ていると競技終了直後に、表彰式ではなく フラワーセレモニーと称する仮の(笑)表彰式を行っています。その理由の冴えたるものは、やはりドーピング検査の存在があるのかも知れません。ドーピング失格は、メダル剥奪を意味します。授与する前に検査をするのが当然で、絶対差の最終確定は、競技直後のドーピング検査に かかっているのです。

 大会第7日現在の日本の総メダル獲得数は、7個で 6位てすが、このメダル獲得数の序列になると、11位まで落ちてしまいます。日本選手は、世界選手権(ワールドカップ)で好成績を挙げてから、代表選手・強化選手として五輪の頂点を目指す過程が普通です。その単純な過程からメディアは、金メダル確実・有力と安請け合いをしてしまうのです(笑)。

 しかし、海外選手は ピークを最初から五輪だけに合わせている様で、メンタル面も含めて、五輪の舞台の一発勝負に強い態勢で臨んでいます。ワールド チャンピオン と オリンピック チャンピオン。五輪競技には、チャンピオンが 2種類あり、4年に 1度のオリンピック チャンピオンの合間を埋める技量測定の結実が、ワールド チャンピオンと言うのが実態です。

 もちろん 毎年 世界選手権を開催する競技種目もありますが(笑)ワールド チャンピオンが、必ずしもオリンピック チャンピオンと連動しない仕組みを、日本も選手強化で理解したほうが良いと思うのです。松本市内は、比較的寒が深くならない日が続いており、この時期に積雪量は 0センチです。連日のオリンピック放送、視聴お疲れ様です。


(追記) 平昌冬季オリンピックは、17日と18日に 日本選手が金メダルを獲得しました。17日の男子フィギュア スケートでは、羽生結弦 選手が 66年ぶりの2連覇達成。そして1972年の札幌冬季五輪以来、46年ぶりに日本選手が金・銀メダルを独占しています。金メダル確定が 14時08分、直後から中日新聞を始め全国で号外が乱れ飛びました。

 【平昌冬季五輪 優勝記録:男子フィギュア スケート・羽生結弦 選手「金メダル」女子スピード スケート 500m・小平奈緒 選手「金メダル」】

 18日には女子スピード スケートの小平奈緒 選手が、女子スピード スケートで、日本初の金メダルを獲得しました。小平 選手は、松本市の企業(医療法人)所属です。金メダル確定が 14時08分、直後から松本市内は 祝賀ムードに包まれて沸き立っています。日本は 金メダル 2個を獲得し、前述の国別メダル獲得数序列が急伸してきました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2018年02月16日 の週間選曲リスト と『 平昌冬季五輪のメダル獲得数序列 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。