FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第21回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    諫山実生「朝陽の中で微笑んで」
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「動物のお医者さん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    柴田淳「夢」
    SBC CBC・ドラマ30「愛の110番」主題歌
    ♪シンプルなアレンジだが旋律に乗せたヴォーカルに和声を感じさせる佳曲。


 小学生の頃に短期間 犬を飼った事はありますが、犬は苦手な部類です(笑)。ですから犬について よく解らないのですが、ABN長野朝日放送(テレ朝系)で毎週 放送中の木曜ドラマ「動物のお医者さん」に出てくる「シベリアンハスキー犬」のチョビくんは、いい面構えしています(笑)。クンを付けてしまいましたが、チョビは雌なんですね(笑)。

 ドラマの舞台は 大学の獣医学部です。週間選曲リストで今週 1位の主題歌が流れるタイトルバックでも「獣医師になるには、大変な努力が求められます。」と断り書きがスーパーされています。その通りなのかも知れません。

 ドラマの中でも描写がありましたが、人間の(笑)医学部と同じく解剖実習がカリキュラムとして義務付けられており、やはり深夜に行われています。単に動物好きという理由だけでは、獣医師になる事は難しいのです。

 また動物病院で診察・治療するイメージばかりが先行していますが、これも人間の医学部と同じく基礎獣医学の分野があり、和久井映見が演じる菱沼聖子は、公衆衛生学講座の博士課程で、もっぱら細菌の研究をしており、獣医師免許を持ちながら、実際の動物診察は苦手というキャラクターでした(笑)。

 それでもモデルになった北海道大学 獣医学部では、志願倍率が急上昇だそうです。私はあの(笑)共通一次試験 5教科 7科目の受験勉強で大変苦労した思い出があります。とても高校で採った物理が無理なので、高校で教えなかった地学を、教科書をこっそり買って独学で勉強し、共通一次試験の受験科目として選択しました。

 私は行政書士資格を有しており、当時11%という合格率の国家試験を合格しましたが、その行政書士試験よりも遥かに 5教科 7科目の共通一次試験は大変でした。その後 共通一次試験は大学入試センター試験に代わり、受験科目の負担は軽減されましたが、ドラマのモデルとなった北海道大学 獣医学部は、実に狭き門です。

 ブログでもご紹介しました通り、我が家ではミシシッピ アカミミガメの かめクン を足掛け 12年飼っています。元気な かめクン ですが、もし病気など罹患した場合は、水棲亀を診てくれる獣医師さんのいる動物病院に連れていこうと考えています。

 ただ人間の(笑)病院と違う点は、うちの かめクン に健康保険が効きません(笑)。ビタミン剤の注射程度でも10割負担で結構な治療費がかかるのだそうです。かめクン は、大切な我が家のペットですので治療費は厭いませんが、出来る限り動物のお医者さんのご厄介にはならないように、日々の飼育に愛情を注いでいきたいと思っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年05月23日 の週間選曲リストと『 動物のお医者さん 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。