FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第221回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]
    ♪前作に引き続き殺陣シーンで流れる打楽中心の劇伴音楽に圧倒的な存在感。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    いきものがかり“SAKURA”
    NTT東日本 テレビCMソング


 昨年 廃止騒ぎがあった NHK-FMですが、やはりこの春は、従来と違った番組改編の傾向が見られました。よく考えて見れば、全国を網羅する何百ヶ所と整備したFM放送の送信所・中継局を、全て無駄するが如き NHK-FM放送の廃止は、AM放送の廃止より遥かに難しい事です。

 巨大化しつつあるNHK組織を合理化するための減波ならば、やはり放送衛星のトランスポーターひとつ減らすとか、アンテナを共有している中波を ひとつ減らすのが現実的です。

 万が一 NHK-FMが廃止になっても、中波の難聴対策としてラジオ第1放送をFM波で送信し続けていくと思います。そこまで深く考えると、ラジオ第1の同時放送枠の増加に深い思惑が垣間 見えてきます。

 それにしても、ここ数年 民放FMを強く意識してきたNHK-FMの編成に対し「民放FMで代替えができる」と、その姿勢を廃止の理由にされたのですから たまったものでは ありません(笑)。

 今回の改編では、まずクラシック音楽番組が拡充しました。久しぶりに月曜から日曜まで全日 夜はクラシック番組があり、目玉であるN響 定期演奏会の生中継は、いつでも放送出来る体制となりました。深夜などにリラックスして聴ける番組も増え、民放FM迎合路線から離脱を始めています。

 最近私は、AM局を 聴かなくなりました。情報源は、新聞やネットそしてコンパクトなFMの定時ニュースで充分だからです。

 NHK-FMでは朝7時・正午・夜7時と定時ニュースが、ラジオ第1と同時放送され、全国のFM放送の基幹ニュースとなっています。この3回の定時ニュースの聴取だけで、世の中の動きからの必要な情報源として事足ります。

 また深夜1時からラジオ深夜便が同時放送されており、1時間おきにニュースが流されます。クリアな音質でラジオ深夜便を聴くと、AM局を聴く必要性が どんどん薄まってきます(笑)。

 FM長野ニュースとして放送されているJFNニュースは、国内・国外の最新ニュースを 5分間に凝縮している、最も完成度の高いラジオニュース番組です。このFM長野ニュースとNHK-FMの定時ニュースだけでも充分なのです。

 そりゃテレビも視ますが(笑)FMラジオ放送に囲まれた日々は、私にとって理想的なスローライフです。クラシック番組を聴きながら昼寝が出来る休日は至福の時(笑)なのです。

 根強いファンが存在するから廃止できないといった消極的理由でなく、NHK-FMは、全曲完奏で音楽放送する佳き伝統を継承しながら、音楽ラジオ放送の原点は何か? いつもFM長野を始め民放FMへ問いかけていくべきです。NHK-FMが、クラシックを中心とした音楽放送をベースとして、民放FMと一緒に緩やかに共存する事を願っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年04月20日 の週間選曲リスト と『 NHKーFMの廃止騒動 と 改編傾向 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。