FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第277回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「瞳」テーマ音楽 [山下康介]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    COLDPLAY“Violet Hill”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]
    ♪スポーツニュースのテーマ音楽とは思えない群を抜く調性。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    倖田來未“Moon Crying”
    abn テレ朝・金曜ドラマ「パズル」主題歌


 オリコンのチャートは、昔から音楽ソフト専門店での店頭実売数に拘ってきました。しかし、それに固執するあまり 集計対象を限定するルールがあるのも事実です。

 HTB北海道テレビの「水曜どうでしょう」DVDは、ローソンでの予約を主体に全国販売しています。制作過程の総て、著作権の総てを、HTBに専属させオリジナルの販売ルートをとっています。

 15日に 第10巻のDVDが発売されました。今までの製造総数は、なんと200万枚と公表されています。この破格の実績は、コンテンツの素晴らしさが成せる技なのです。

 ですがオリコンは ルールの変更で、第6巻からチャートの集計対象としていません。この数が、オリコンのチャートに反映されていないのは、やはり おかしいと思います。

 「水曜どうでしょう」は、鈴井貴之・大泉洋の出演者ふたりに藤村忠寿・嬉野雅道のディレクターふたり。計4人でロケをする独特な構成をしています。

 以前このブログで 藤村Dを絶賛した事がありました。1番若いのが 大泉クン。大泉クンから8才上が 藤村D。さらに藤村Dの3才上が「ミスター」こと鈴井 オフィスキュー社長。そしてミスターから3才上の最年長が、嬉野雅道 ディレクターです。

 この嬉野Dは デシタルカメラ撮影担当で、しゃべりまくる藤村Dと異なり無口に見えますが、要所にキャッチーな言葉を発します(笑)。DVDの副音声解説では、藤村Dと同じくらいのトークを炸裂させているのです。

 また「水曜どうでしょう」の公式サイトにある「本日の日記」では、嬉野Dが長文の日記も披露しています。

 ある日の日記では「病で入院した知人からメールが届き、忙しさに任せて返事をしなかったところ、その知人が急逝してしまった。後悔の中 その亡き知人に返事のメールを送信した。なぜなら きっと届いて読んでくれると思うから。」という情感こもった文面には不思議な説得力がありました。

 嬉野Dは、この番組シリーズの精神的支柱とも言えます。今回のDVDの副音声解説では、最年長の嬉野Dが「いつまでやるの? どうなるの? 俺 年金降りるよ。」と発言し大爆笑をとっていました。

 「一生どうでしょうします」と、従来のテレビ界では考えられない長期の制作宣言をした、今年の新作は 大泉洋 主演の開局40周年記念ドラマだそうです。嬉野Dは、一気にプロデューサーに特進(笑)します。

 実は 水曜どうでしょうの四宮康雅 プロデューサーも、このDVDシリーズを企画推進した放送業界では稀にみる大人物なのです。この新作ドラマでは、嬉野Dは四宮Pと共にプロデューサーとなります。

 長野から全国に発信出来るコンテンツが出来ればと渇望している私からは、鈴井貴之・大泉洋・藤村忠寿・嬉野雅道 この4人が、広大な北海道で全国の視聴者に向かって咲き誇る、大輪の向日葵に見えてならないのです。


(追記) 2009年 4月発売の「水曜どうでしょう」第11弾DVDから、またオリコンの集計対象となり、週間DVDランキングで 1位を獲得しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年05月23日 の週間選曲リストと『 嬉野雅道ディレクター 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。