FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第589回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Yael Naim“Far Far”
    NBS フジ・木曜劇場「続・最後から二番目の恋」挿入歌
    ♪1位 1週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ

  5. 第 5 位 ( ★ )
    笹川美和「続く」
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「珈琲屋の人々」主題歌
    ♪独特なヴォーカルのビブラートが生きている佳曲。


 2014年は 上半期が終了し、早くも折り返し点を迎えます。そこで『2014 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 その「週間選曲リスト・ルール」ですが、先週から一部変更しています。オンデマンド配信による視聴も、選曲対象へ加える事が出来る規定を、注意事項[05]に追加しました。私も昨年から、NHKオンデマンドの特選ライブラリーに入会し、約 3800のNHK番組が視聴可能となりました。オンデマンドによる視聴による選曲は、今年から本格的に行っています。

 ところがオンデマンドによる視聴は、本放送とタイムラグを生じます。本放送終了後も まだ配信中といったケースが頻発しており、オンデマンド配信による視聴は、本放送終了時から 6ヶ月以内に限り選曲対象へ加える事が出来ると規定しました。録画・録音による視聴は、本放送終了時から僅か 1週間以内に限っており、その従前の規定と比べても相当な幅を持たせています。

 発表した上半期順位にも、オンデマンドによりリストインした楽曲が複数あります。週間選曲リストは、明確に定めたルールの範囲内で、常に自由で拘束のない選曲と順位決定を確保してきました。オンデマンドによるテレビ視聴は、世の趨勢となりつつあります。この週間選曲リストでも、オンデマンド視聴による選曲を、積極的に取り入れていきたいと考えています。

 【1位 5週 登場12週】① 今かわるとき 桜井美南。 今年の上半期順位は、対象期間内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 11曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2014 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 5)
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( 2)
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( 2)
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]

  4. 第 4 位 ( 3)
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ

  5. 第 5 位 ( 3)
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2014年06月27日 の週間選曲リスト と『 2014 上半期順位 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。