FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第675回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Randy Houser“We Went”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Style‘20(東京2020オリンピック)使用楽曲 [下田法晴]
    NTT docomo テレビCMソング
    ♪フラメンコGt.とストリングスが見事に融合した、既聴のラップでは最も美しい楽曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲


 昨年10月 1日に実施した「第20回 国勢調査」の結果速報が、総務省統計局から発表されました。

 1920年(大正9年)に実施された第1回から 96年間の国勢調査の歴史の中で、今回初めて総人口が減少しました。前回2010年の国勢調査結果と比較して、全国の人口変動率はマイナス0・73%と 少子高齢化社会が鮮明になりました。

 【全国総人口:1億2711万0047人】

 また長野県も 前回の第19回 調査と比較した人口変動率が マイナス2・44%と、急速に高齢化と人口減少が進行している様です。

 【長野県人口総計:209万9759人】

 今回の国勢調査で 人口の多い市町村は、1位・長野市 37万7803人、2位・松本市 24万3383人、3位・上田市 15万6909人、4位・飯田市 10万1676人、5位・佐久市 9万9416人 となっています。逆に人口の最も少ない市町村は、下伊那郡 平谷村の 485人でした。

 この初の人口減少となった国勢調査の結果が出た日に 産経新聞では「総人口 初の減少」と、なんと号外を発行しました。国勢調査の結果による新聞号外は、初めてではないかと思います。

 日本全体の人口が減る中で逆に増えたのは、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、福岡県、沖縄県の 1都7県です。増加率は、沖縄県が+2・97%でトップ。東京都は +2・69%で2位でした。

 残りの道府県は人口を減らしています。減少率 1位は、秋田県の-5・82%。2位が 福島県の-5・69%となっており、大阪府も -0.30%と68年ぶりで人口を減らしました。

 またこの国勢調査の結果に伴って、衆議院選挙制度の改革問題が急浮上してます。しかし、小選挙区の人口による区割りよりも、抜本的な制度改革の必要性が生じている気もします。

 衆議院議長の諮問機関「衆議院選挙制度に関する調査会」が提唱したアダムス方式の区割りは、はっきり言って旧態前の考え方です。この調査会の答申は、まず現状を追認する事から始まった 実に消極的な内容でした。

 特に比例代表制に関しては、参議院の選挙制度と重なりあっており、所属政党だけでなく候補者個々の人格を選べる、道州制を睨んだブロック独自の選挙区制に変えていくなど、抜本的改革案を答申すべきだったと思います。

 どうしてもGDP至上主義を貫くと、移民の大幅受け入れなど、この国を変質させる方法論しか国運の進展は見い出だせない様です。このGDP至上主義から脱却して、国の富や豊かさを捉えた新しい国際指標を構築し、その新指標の司祭(笑)として当初から上位でスタートしたほうが圧倒的に現実的なはずです。

 移民を大幅に受け入れる前に、ラジオ・テレビなどのメディアが、少子高齢化の人口減少社会をまず受け入れ、現実直視をする国内の世論整備が第1歩として大切だと考えます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年03月04日 の週間選曲リストと『 第20回 国勢調査 結果速報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。