FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第744回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Might fall in love”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Kalafina“storia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」オープニング テーマ
    ♪北欧メタルというよりブリティッシュロックに近接した和声を感じる。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」劇中効果音楽 [清水靖晃]


 先日自宅近くの伊和神社にお参りに行きましたら、拝殿に貼り紙がしてあるのに気付きました。読んでみると、御朱印希望の方は下記まで連絡を、と電話番号が書いてあります。

 松本市の伊和神社は、普段は無人の神社ですが、信濃国総社として由緒ある神社です。平安時代に信濃国の国府が近くにあったと推定されており、最近では信州屈指のパワースポットと、ネットに紹介される事も多くなりました。

 我が家には御朱印帳がありますが、信徒会員として善光寺さんの御朱印だけ集めています。参拝に行った時は必ず御朱印を頂きます。御朱印には和暦の日付が入っており、いつ参拝に行ったのか、すぐ振り返れます。

 いつも本堂で御朱印を頂きますが、2年前の御開帳の時は、御朱印を頂くのに 3時間待ちとか言われ、父母の戒名が登録され回忌になると ご連絡が来る 大本願 で参拝の上、御朱印を頂きました。

 御朱印とは縁遠かった伊和神社まで、御朱印を求める人が多くなるほど、御朱印集めが全国的にブームになっています。今やそのブームも過熱状態で、有名神社仏閣の御朱印が転売対象にまでなっているそうです。

 御朱印とは、本来信仰している神社仏閣が比較的遠距離のため、参拝の折りに頂き記念とすると同時に、その参拝の積み重ねから御利益を得ていくのが本旨だと思うのです。善光寺本堂で御朱印を頂く際には、善光寺に統一されている御朱印帳を見た堂司の方に、好感を持たれた事もありました。

 御朱印集めを何かスタンプラリーの様に競っている方もいるかも知れませんが、やはりそれは妙な話です。我が家には駅スタンプを集める、わたしの旅スタンプノート もありますが、これは100%記念としてのスタンプ収集です。御朱印とは全く異なるものです。

 いろいろな遠隔の神社仏閣を参拝して、御朱印帳に御朱印を集めていく、決して問題のある行為ではありませんが、御朱印の数や内容を競ったり、沢山の神社仏閣から御朱印を集めれば、さらに幸運に通じるパワーを得られるという仕組みでは本来ないはずです。

 やはり信仰している神社仏閣をひとつに定めて、その神社仏閣で買い求めた新しい御朱印帳の第1ページから、信仰している神社仏閣の御朱印に統一していくのが あるべき姿だと思うのです。

 特に御朱印は、参拝した和暦の日付を入れてもらえます。この日付の積み重ねこそ、御朱印帳から大過なく日々を過ごせた事への証となり、それこそ御朱印と御朱印帳から幸運に通じるパワーが得られると思うのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年07月07日 の週間選曲リストと『 御朱印ブーム 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。