FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第745回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Kalafina“storia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Might fall in love”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]
    ♪抑制された和音構成だが、ドラマを視入ると染みてくる劇伴。


 全国に普及してきた民放AMラジオ局のFM補完中継局が、制度として認められた理由のひとつに、送信施設の老朽化があげられます。AMラジオ放送局の本局送信所を全面更新すれば、一度に最大で 20億円、平均しても 8億円以上の費用を要します。AM・FMラジオ局共に、定期の送信施設の全面更新は、放送事業会社の宿命みたいなものです。

 NHK―FMでも、老朽化した送信所施設の整備を、毎年全国で行っています。昨年度だけでも、長野(美ヶ原)鹿児島(鶴丸)宮崎(鰐塚山)の老朽化した放送機を更新し、長野(美ヶ原)和歌山(岩屋山)徳島(笹森山)高松(青峰)では、老朽化した空中線(アンテナ)施設を更新しました。NHK―FM美ヶ原 本局送信所は、設備を一新した事になります。

 2011年の地上波テレビのデジタル化の際に、殆どのテレビ送信所は 全面更新をしました。その時に建設した放送タワーに、FMラジオ局も送信施設を移し、全面更新を上手く済ませたケースもあります。この様な共同で放送タワーを建設出来た、県域・広域のラジオ・テレビ局は、NHKを含めて お互いの関係が良好で、対等な経営バランスに立脚している場合が多いのです。

 この様な送信所の新設は、視聴者にとっても、公共財から享受を受ける立場にとっても 実に有益です。県域・広域のFM放送事業会社のバランスシートなどを読み解くと、減価償却の観点からも、約 15年程度で演奏所(スタジオ)を含めた施設更新が必要になってきます。この施設更新目的の多額の支出は、やはり放送事業会社の宿命と言うべきものなのです。

 ビートたけしのオールナイトニッポン の初代ディレクターであった、LFニッポン放送の森谷和郎 専務取締役は「AMとFMの同一番組送出は、経費が 2倍掛かるため、100%補完FMで聞いてほしい」と明言しています。千葉県木更津市にあるAM送信所は 老朽化が進んでおり、東京スカイツリーにあるFM補完中継施設を、一気に本局送信所としたいのです。

 FM補完送信所・中継所の整備には、国から補助金が交付されるケースが多く、各地に立派な施設が建設されつつあります。しかし 従来のFMラジオ放送局の送信施設の更新は、自己負担が原則であり、先見の明と決断が必要になってきます。その決断 と 放送送信施設の更新を躊躇していると、先伸ばしにした歳月が、放送事業会社の経営統治に重くのしかかってくるのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年07月14日 の週間選曲リストと『 ラジオ送信施設の老朽化 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。