FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第784回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    大橋トリオ“VENUS”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Rachel Platten“Fight Song”
    花王 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Suchmos「808(はちまるはち)」
    ホンダ テレビCMソング
    ♪ベースの和音とスクラッチが調性されている珍しいタイプの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐」劇中効果音楽 [眞鍋昭大]
    ♪和声を感じさせる洗練された和音構成の劇伴がある。


 ビデオリサーチ社が 2年前から発表を始めたタイムシフト視聴率、そして総合視聴率の上位を見てみると、サスペンスドラマが好調な様です。

 但し土曜ワイド劇場を打ち切ってまで始めた日曜ワイドは、僅か1年で終了となりました。どう考えても日曜日の午前中に 2時間サスペンスの新作を放送する編成は、無理があった様です。次は日曜プライムとして、同じ日曜日の夜に移動しました。

 東映が制作しているテレビ朝日の「木曜ミステリー」枠は、コンスタントに高い視聴率を持続しています。昨年10月からは2クール連続で、沢口靖子 主演の「科捜研の女 第17シーズン」。そして 4月からは内藤剛志 主演の「警視庁・捜査一課長 第3シーズン」です。この主演の二人は、科捜研の女 で共演しています。

 内藤剛志は、主役から悪役まで全ての役に適応し、かつロケ現場に 付き人やマネージャーを同行させない気さくで裏表のない人柄から、ドラマ出演のオファーが絶えず、1995年から 27クール 6年9ヵ月連続でドラマに出演した最長記録も持っています。

 このブログの週間選曲リストでは、第7シーズンの主題歌 GARNET CROW「まぼろし」が500回記念の全期間 5位を記録している「科捜研の女」でも、第2シリーズから連続出演しており、第6シリーズからは京都府警捜査一課刑事の土門薫 役が定着しています。

 実は 第2シリーズから第5シリーズまで演じた、武藤要 という役が面白いのです。プロファイラーから小説家に転じた人物を描いていますが、奇行を好み(笑)内藤剛志のコミカルな演技が堪能できます。この第2 ~ 5シリーズの再放送が最近ほとんど無いのは、土門薫 役が定着した今、やはり封印しておきたいのでしょうか?(笑)。

 そして4月から始まった「警視庁・捜査一課長」では、主役として登場します。そこでは面白いキャスティングが見られます。科捜研の女で、京都府警刑事部長の藤倉甚一 役として内藤剛志の上司役だった金田明夫が、警視庁・捜査一課長では、一転して警視庁捜査一課 庶務担当管理官の小山田大介 役として内藤剛志の部下になります(笑)。

 この様な連続する同一時間枠で主従逆転するキャスティングは、日本のドラマ史上でも初ではないかと考えています。そして内藤剛志と金田明夫は、持ち前の卓越した演技力で、この主従逆転するキャスティングを難なくこなしています。

 警視庁・捜査一課長は、ともすればドラマの世界で内部腐敗を描きたくなる警察組織を、生真面目な正義として捉えている最近では珍しいサスペンスドラマです。土曜ワイド劇場での単発からスタートしましたが、初めから高視聴率が続き、連続シリーズに進化しました。この人気の背景には、警察組織を善として捉えたい広範な視聴者層の心理が反映しています。

 2月に名優・大杉漣が急逝し、演技派の実力俳優に過重な仕事がきているのではないのか? という懸念が一気に浮上しています。

 TBSでは新・十津川警部まで演じている内藤剛志は、毎週日曜日になると名古屋・東海テレビの「スタイル プラス」という番組で、生放送のMCまで担当しています。滅多にバラエティ出演しない俳優・女優陣から、この「スタイル プラス」にゲスト出演が続くのは、内藤剛志の人柄の賜物だと思われますが、とにかく身体を労って頑張って欲しいと思います。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2018年04月20日 の週間選曲リスト と『 科捜研の女 と 警視庁・捜査一課長 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。