FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第783回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    大橋トリオ“VENUS”

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]
    ♪テーマ音楽ラストのオーケストラ アレンジは秀逸。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    米津玄師“Lemon”
    SBC TBS・金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Rachel Platten“Fight Song”
    花王 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Alan Walker“Faded”


 この春のFM長野の自社制作番組は、パーソナリティーの異動はありましたが、大きな番組改編はありませんでした。緊急雇用創出(対応)事業に基づく県内自治体発信番組も、すっかり姿を消し、結局 代替となる新番組も生まれませんでした。一方 BルートのJFNネット番組には、生ワイドを含めて動きがありました。マイナーチェンジが目立っています。

 遂にと言うか、とうとうと言うか(笑)SBC信越放送ラジオで、ワイドFMがスタートしました。この後も県内でFM補完中継局の置局が続きます。FM補完中継局に関する記載の追記でも書いていますが、SBCラジオの高ポッチFM補完中継局には、本当に驚きました。但し その構想が正解だったか否かは、これから先の検証になります。

 音楽波を意識したFM補完に著しく傾倒しているLFニッポン放送は、昨年秋から、ビルボードジャパンのHOT100番組をスタートさせました。しかも放送時間は 土曜午後です。メインパーソナリティーは、キャイ~ンの天野ひろゆき つまり芸人パーソナリティーですが、毎週 100位から 1位までをカウントダウンしています。

 先行していたJFNネットの“HITS ONE PREMIUM”は、3月で終了しました。どこまで続くかは不透明ですが、芸人パーソナリティーが、100位から 1位まで伝える番組を担当し、非芸人パーソナリティーが、同じ 100位から1位までのデータを使いながら、制作サイドの恣意的な選曲に基づく番組を担当する、これでは明確な差異が生じてしまいます。

 LFニッポン放送 と TOKYO FM(JFN)どちらがラジオ チャート番組の本質に立脚しているのかは 自明の理です。チャートを作成しているビルボード ジャパンも、当然LFニッポン放送の企画を採ったのだと思われます。FM長野には、過去の編成の歴史と番組継続期間からも、本質に立脚した 斬新なコンテンツが明確な自社制作に期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)

 2018年 4月 現在
  1. 【1】ラジモ!
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・飯野美紗子・大久保ノブオ・本間香菜子・ダイナマイトマンダム・小出マサト・向井優

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】claps!
       金 0730 ~ 1049
       高寺直美

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1200
       向井優

 開局時(1988年10月)から 30年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search