梅酒の漬け込み - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第791回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS 関テレ・ドラマ「シグナル~長期未解決事件捜査班」劇中効果音楽 [林ゆうき・橘麻美]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「特捜9」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」エンディング テーマ音楽 [丸山和範]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]
    ♪奄美歌唱とテーマ音楽のアレンジに調性の違和感を覚える。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Ms.OOJA“Be Myself”
    中部電力 テレビCMソング


 信州も陽春の季節を迎えました。我が家で春を告げる白梅の盆栽ですが、なんと 256個の梅が成り、今週収穫しました。

 成っている青梅の数が尋常でないので、大きめの新しく浸けるビンと、増量した氷砂糖そして35度のリキュールを、予め用意しておきましたが、1メートルに満たない盆栽で、小梅ながら 256個も成ったのには驚きました。ひとつ ひとつ に蜜が染み出ており美味そうな梅です。収穫後に早速 梅酒として漬け込みました。

 やはり寒中に行った週1回の液肥を与えたのが、相当効果あったようです。アマチュアベランダー(笑)としては、寒中に肥料(液肥)を与えるテクニックに なかなか気づきませんでしたが、寒さが残る早春に花が咲き、その後で実を成らす梅の盆栽の場合、定期的な寒中の施肥がいかに大事か、沢山成った今年の梅の実から本当に解りました。

 隣の山紅葉の盆栽には、花が散った後の冬季施肥など、もちろん一切行いません。雨雪の吹き込みがなく土が乾いてしまっている時だけ、湿らす程度に水を差します。そして白梅が咲き始めた頃から、毎日の水やりを再開し、芽吹き始めましたら週1の薄い液肥やりを初夏まで続けます。

 隣りの白梅と比較しても肥料の量は、圧倒的に少な目ですが、その代わり春から夏にかけては、山紅葉の幹や青葉にも 毎日たっぷり散水をしてやります。梅の冬季施肥と同じく、これが山紅葉の盆栽を育てるコツだと解ってきました。

 ちょうど花が満開になっていた頃、目撃した光景がありました。水やりをしようとベランダに出た時、白梅の盆栽のところへ 2匹のミツバチがやってきてるのに気づきました。2匹のミツバチは、花弁ひとつずつにチョンチョンと接触して受粉をしている様でした。そして総ての花弁に受粉を終えると、何処ともなく飛び去りました。

 以前このブログで、隣の山紅葉の盆栽を、1匹のアシナガバチが、休憩所にひと夏使ってくれた話を書いた事がありました。今年初めて目撃しましたが、満開に花が咲いている時は、ミツバチくんもやってきて、受粉の手伝いをしてくれている様です。このベランダの白梅の盆栽が、ちゃんとミツバチくんの巡回先に入っていました。

 白梅の隣で秋を告げる紅葉の盆栽も、青々と繁っています。梅の収穫も終わりましたので、ふたつの盆栽は、これから剪定の時期を迎え、剪定後は青葉を繁らせながら、暑い夏を迎えます。我が家では、一年草などは置かずに、マンションのベランダでも季節の移ろいが解る様に、このふたつの盆栽だけを大切に育てています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2018年06月08日 の週間選曲リストと『 梅酒の漬け込み 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。