FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第869回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    豊島たづみ「とまどいトワィライト」
    CS 日本映画専門チャンネル・ドラマ「たとえば、愛」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「いだてん ~ 東京オリムピック噺(ばなし)」テーマ音楽[大友良英]
    ♪最終回直前にリストイン。作品イメージを背負ってしまったが佳曲に類する。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」劇中効果音楽 [坂口修]


 かつてTBSテレビには、火曜 22時から海外ドラマ枠があり、1975年 9月から 4シーズン放送された「刑事コジャック」を、毎週視ていました。その 刑事コジャック が最終回の時に、残念だとの手紙をTBSに送ったら、なんとTBS映画部から お礼の葉書を頂き、今でも大切に保管しています。まだビデオデッキを持っていなかった学生の頃でした。

 不動のレギュラー陣です。コジャック警部は、Telly Savalas(森山周一郎)。マクニール主任 Dan Frazer(柳生博)。クロッカー刑事 Kevin Dobson(津嘉山正種)。スタブロス刑事 George Savalas(神山卓三)。サーパスティン刑事 Mark Russell(若本規夫)リゾ刑事 Vince Conti(千田光男)。

 スキンヘッドでお馴染みのコジャック警部に、コブタ系(笑)のスタブロス刑事、やはり薄毛だけど(笑)豹のようなクロッカー刑事に、愚直を絵に書いたようなサーパスティン刑事や、ギャンブル好きなリゾ刑事、そして捜査をミスリードする事があるものの、コジャックに全面的な信頼を置いているマクニール主任。日本語吹替えの声優陣も、ぴったりイメージと一致しています。

 コジャック役の Telly Savalas は、ギリシャ系の移民出身です。そしてスタブロス役の George Savalas = Demosthenes は、実弟にあたります。ドラマでは 兄弟を名乗りませんが、同じギリシャ系として演じ、ギリシャ民謡を唄う事もあります。そしてスタブロス刑事は、観葉植物が大好きで、自分のデスクにも観葉植物を置くことが黙認されているほどです。

 コジャックは、LT.Kojak。つまり警部職で、デカ長・チョーさんと称されています。マクニールは、Captain McNeill。ドラマでは、おやじさん(笑)ですが、マンハッタン南署刑事部長で、警視クラスにあたります。デカ長という表現は、天才翻訳者・額田やえ子 女史の為せる業で、ドラマには、日本警察そしてアウトロー隠語が ふんだんに登場します。

 私がビデオデッキを所有した 80年代に、TBSは 刑事コジャック の再放送を平日深夜に行いました。その時 初めて、全 116話録画にチャレンジしています。当時VHSテープは 高価でした。同じ刑事コジャックファンで録画目的を知り、快く値引いてくれた茨城県日立市内の写真屋さんには、大変ご協力頂きましたが、3倍速でも テープの供給が追い付きませんでした。

 当時やっていた音楽チャート・ニュースレターの発行準備をしながら、3倍速で録画した刑事コジャックを通しで視るのが、なによりも楽しみで佳き思い出として 胸に刻まれています。90年代に入って、CSのスーパーチャンネル(現・スーパードラマTV)を視聴できる環境に数年間居住した事があり、そこで 刑事コジャック の全話録画に再びチャレンジしました。

 テープも廉価になり、今度は標準モードで、1話に 60分テープ 1本を費やす方法を採用してみました。ところがテープの量が膨大になってしまい、結局 9割程度を録画できましたが、全話録画には到りませんでした。この録画テープは、ビデオテープのデジタル化作業の際にDVDへ焼き直し、現在までの 刑事コジャック コレクションとなっています。

 そして2019年、CSのAXNが、刑事コジャック 第1・第2シーズンの 47話を、デジタルリマスターで放送しました。フィルムタイプの刑事コジャックを見慣れていた私としては、信じられないほど鮮明な映像でした。この 47話を全部録画に成功。膨大な録画を、バックアップを含めて僅か 2本のUSBメモリーに保存する事が出来ました。

 今回の 刑事コジャック では、TBSで放送しなかったエンドクレジットも放送しており、今まで謎だったエピソード内挿入歌の正確な曲目や制作者が解って、まさに目から鱗の新発見でした。そのエンドクレジットには、プロダクション アシスタントとして、George Savalasの名もありました。サバラス兄弟のドラマに賭ける一体感が伝わってくる様でした。

 またTBSでのエピソード放送順と、今回の放送順がだいぶ違っていたのにも驚きました。90年代にスーパーチャンネルから エピソードリストを送ってもらったことがあり、それを所有していて理由が判明しました。例えば TBS 46話「裏切り者は斬れ!」は、本国のPROD.No 40431にあたり 36話になります。AXNは、本国の順番で放送していたのです。

 あれだけの費用 そして 本棚を占拠してしまうテープを要した 刑事コジャック が、USBメモリー 2本で納まってしまうとは、まさに隔世の間があります。私は、AXNカスタマーセンターに電話して、今回の刑事コジャック放送を激賞。ぜひ第3・4シリーズもデジタルリマスター放送して欲しいとリクエストしました。今度こそ、全 116話録画を実現させたいものです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。