FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第871回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    豊島たづみ「とまどいトワィライト」
    CS 日本映画専門チャンネル・ドラマ「たとえば、愛」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    山本彩「追憶の光」
    TSB YTV・バラエティ番組「ダウンタウンDX」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ★ )
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌
    ♪主題歌「思ひで」の原曲を抜群の調性で歌唱した秀逸曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「いだてん ~ 東京オリムピック噺(ばなし)」テーマ音楽[大友良英]


 明けまして おめでとう ございます。2020年(令和2年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月26日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、Offical髭男dism“Pretender”(推定得点:380)が獲得。前年の年間 1位だった、米津玄師“Lemon”ほどの高得点ではありませんでしたが、長期間ランクインしていました。

 30日の「第61回 日本レコード大賞」は、Foorin「パプリカ」が受賞。発表をライブで視ていましたが、この結果には 驚きました。最年少受賞歌手となり、労働基準法では 児童の扱いです。同法 第61条によって、児童は 午後 8時から午前 5時までの労働が禁止されており、受賞直後の歌唱が録画放送になっていました。視聴率(関東地区)は、14・0%でした。

 Foorin「パプリカ」は“COUNTDOWN JAPAN”年間チャートの 3位でしたが、J-WAVE“TOKIO HOT 100”の年間チャートでは、100位までに入っていません。現代の音楽チャートは、集計方法の選択だけで、全く結果が異なってしまいます。それだけ共通する大衆的な音楽ヒットが成立しにくいのです。今回のレコ大は、象徴的な事象でした。

 大晦日 放送「第70回 NHK紅白歌合戦」は、それみた事か(笑)白組が優勝しました。視聴率は、過去最低の前半 34・7% 後半 37・3%でした。前回と同じくゲスト・会場・視聴者を分離する 3ポイント制で勝敗を判定したのですが、会場・視聴者共に、白組へポイントを入れてしまいました。NHKは、会場審査員も視聴者で構成されている点に、未だ気付いていません。

 【最終審査結果:紅組 1 白組 2】

 審査の内訳は、ゲスト審査員が、紅組 6(54・5%)白組 5(45・5%)と、紅組が 1ポイントを獲得。会場審査は、紅組 1002(42・4%)白組 1361(57・6%)。視聴者審査も、紅組 33万2394(43・1%)白組 43万7825(56・9%)となり、白組が 2ポイント。前回比で、会場・視聴者の得票差が縮小したものの白組優勝が決まりました。

 今回の紅白は、とにかく凝り過ぎで(笑)ディスプレイから受ける映像情報も過多な状態が、4時間30分に渡り続きました。制作サイドの自己満足ばかり目立ち、これでは 視聴者が離れてしまいます。特別枠も含めて再考 と 反省をすべきです。但し 紅白歌合戦 → ゆく年くる年 のギャップは、NHKホールのバズーカ クラッカーから、奈良市の薬師寺へ、見事に落ちています。

 正月 2日・3日の「第96回 箱根駅伝」は、青山学院大が 総合・往路優勝を遂げました。復路優勝は 東海大学でした。駅伝開催としての気象条件に恵まれた今大会は、区間・往復総合と驚異的な新記録が続出し、区間賞が各校に分散。そのためトップを独走していた青山学院大も、結局 復路優勝を逃しました。厚底シューズの普及もあって、記録が極めてハイレベルになっています。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ● ○ 』(2019年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、2万3656円62銭と、1年間で 3641円85銭「上昇」しました。年頭日記恒例の経済「星取表」は、7年ぶりの黒星から再び点灯しています。米中対立回避の動きに、平均株価が急伸したのも要因です。しかし、国内の消費動向に伸びはなく、五輪特需後の賃金低下の懸念もあり、ひとつ付いた暗雲から、経済に不透明感が漂ってきています。

 ここ長野県松本市は、大晦日の朝が大変暖かく、元日から寒は戻りましたが、好天に恵まれて、市街地に積雪もない 穏やかな三が日を迎えました。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) 箱根駅伝の視聴率は、往路 27・5% 復路 28・6%でした。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。