FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第201回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    倖田來未「夢のうた」
    abn テレ朝・木曜ドラマ「だめんずうぉ~か~」主題歌
    ♪辛島美登里「愛すること」にもアレンジの類例がある。

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”


 これだけ芸達者が揃った朝ドラを視るのは久しぶりです。1961年 放送開始以来 75作品に及ぶ朝ドラの歴史を振り返っても、BK(NHK大阪)制作の連続テレビ小説「芋たこなんきん」は、極めて異色な作品と位置付けられます。

 従来ヒロイン(主役)は 新進女優を抜擢してきたのに対し、今回は 現在 松竹新喜劇の座長で、上方喜劇の神様・故 藤山寛美の三女 藤山直美が起用されたのも異例中の異例です。

 とにかく私が驚いたのは、第62作(2000年)「私の青空」のヒロイン・田畑智子、第59作(1998年)「やんちゃくれ」のヒロイン・小西美帆 をレギュラーで配役した点です。

 さらに第42作(1989年)「青春家族」のヒロイン・いしだあゆみ もレギュラー入りしており、朝ドラヒロイン経験者3人が今作のヒロイン藤山直美を脇で支える鉄壁の配役は、ある意味 今作のヒロインの「格」の違いを示す珍しいシグナルだと思います。

 藤山直美は、舞台において最も力量を発揮する天才女優です。父・寛美と違った藤山直美の凄い点は、まるで自分の存在を消すかの様な「引く芝居」も出来 その可変が自在です。

 この「芋たこなんきん」も、きちんとテレビサイズの芝居に徹し、夫役・國村隼との長回しの晩酌シーンは、まるで洗練されたドキュメントの様なハイレベルのテレビ演劇を魅せています。

 その他 藤山寛美の愛弟子で松竹新喜劇の生え抜き、NHKドラマは「くろしおの恋人たち」以来となる小島慶四郎が義父 役として出演。義母 役の岩本多代は、連ドラのプロフェッショナルと言うべきベテラン女優。他にも石田太郎・櫻木健一など芝居巧者だらけでレギュラー配役に隙がありません。

 特に10月31日 第26回 放送では、藤山直美のテレビデビュー作になる「なにわの源蔵事件帳」(1983年)で共演した 知る人ぞ知る在阪の名脇役・安部潮 もゲスト出演しています。

 音楽は 栗山和樹が担当。以前このブログで選曲された「女系家族」(2005年 年間5位)や昼ドラ「メモリー・オブ・ラブ」とは、全く正反対な(笑)コテコテの劇伴をスコアリングしています。

 現在放送中の「芋たこなんきん」は、かつてないほど芝居のレベルの高い朝ドラと断言できます。


 私が飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」16回目の冬眠にはいった・・と思われます(笑)。

 今週からエサ止めになりましたが、かめクン に冬眠する気が全く観られません。冬眠させようとしても一日中ガチャを繰り返しています(笑)。

 ここ2 ~ 3年の傾向ですが、かめクン は あまり冬眠をしたがらず、かめクン の生命エネルギーが だんだんパワーアップしている感じです(笑)。冬眠前の恒例身長測定では 15・0センチと、さらに昨年比1・0センチ大きくなりました。

 とにかく一応(笑)冬眠シーズンに入った「かめクン」なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年11月24日 の週間選曲リストと『 芋たこなんきん 連続テレビ小説 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。