FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第419回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Kalafina“symphonia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Show Me Love(Not A Dream)”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]
    ♪第8回 放送では8時25分過ぎに流れた劇伴がリスト対象。

  4. 第 4 位 ( △ )
    Tokio Hotel“Darkside of The Sun”

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「告発 ~ 国選弁護人」劇中効果音楽 [沢田完]


 ファンタジー大河と言われています(笑)。3年前の「篤姫」は スウィーツ大河とも言われていました(笑)。

 今年のNHK大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」は、長年の大河ドラマファンから、またもや賛否両論が沸き起こっています。但し視聴率は好調です。関東地区は当初から20%超えで、数回前から下がり始めましたが また20%を超えました。

 このファンタジー大河(笑)において、織田信長 役の豊川悦司は良くやったと思います。そして柴田勝家 役の大地康雄も素晴らしい出来です。大地康雄は 1991年「太平記」での一色右馬介 以来の大河ドラマ出演になります。

 コミカルな演技が多い中で、今週放送「初めての父」での江(上野樹里)を打擲するシーンは、大河の伝統に即した重厚さを感じさせました。しかし、今回の「江 ~ 姫たちの戦国」では、織田信長も柴田勝家も短期の出演となる役柄です。

 このブログでも、3年前「篤姫」の台詞回しに強い疑問を呈した事がありました。それでも「篤姫」の芯には原作者・宮尾登美子のしっかりした歴史観が存在していたのです。しかし、今回の「江 ~ 姫たちの戦国」は 脚本家の田渕久美子が原作から担当しています。

 まだ2ヵ月視聴した程度ですが、この「江 ~ 姫たちの戦国」のシナリオには、どうも歴史観が存在しているとは思えないのです。

 田渕久美子 女史にとって 歴史上の人物のキャラが立っていれば、作家としての思想的な歴史観は不必要なのかも知れません。ですが それでは放送文化の結晶とも言える、50年にも及ぶ大河ドラマの歴史の中で「江 ~ 姫たちの戦国」が放送終了後に高い地位を得られるのかは実に疑問です。

 吉俣良が制作したテーマ音楽は、同じく担当した「篤姫」のそれと類似点が多い旋律構成です。「週間選曲リスト」で、11週1位を記録した昨年の「龍馬伝」テーマ音楽には独創性の面からも及ばないと思います。ですが「江 ~ 姫たちの戦国」の劇伴音楽には特筆すべき美しいトラックもあります。

 豊川悦司 と 大地康雄。この2人の俳優に助けられた感がある大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」今後の展開を心配しながら(笑)期待しています。

 2011年 NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」2月27日 放送・第8回「初めての父」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 上野樹里 → 宮沢りえ → 水川あさみ / 鈴木保奈美 → 時任三郎(回想) / 大地康雄 → 左時枝 → 山田純大 → 小林隆 / ○ 石坂浩二 / 岸谷五朗 → 大竹しのぶ → ◎ 北大路欣也 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、2月27日に 15万 を突破しました。 ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年03月04日 の週間選曲リストと『 江 ~ 姫たちの戦国 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。