FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第723回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]
    ♪1位 4週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]


 今年の作品は少し心配でした。ちなみ来年の作品はあまり心配していませんが、再来年は相当心配です(笑)。今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主役は女優・柴咲コウです。

 井伊彦根藩は関ヶ原での勲功で18万石まで登り詰め、それから大老を輩出できる徳川幕府の重鎮として極めますが、それまでは戦国大名ではなく小名領主としての苦難の歴史が綴られ、あくまでも内的物語が中心です。

 内的物語として類似の大河ドラマを探してみると、1970年の「樅ノ木は残った」での伊達騒動、1973年の「国盗り物語」では斉藤道三の一代記。そして大河ドラマ第1作となる1963年の「花の生涯」では、井伊直弼の生涯を描いています。

 おんな城主 直虎が平凡な内的物語と違うのは、政変や争いに巻き込まれるたびに当主が誅され本家一族が欠けていき、直系女子がただひとり「直虎」を名乗って戦国乱世を切り抜けていく点です。1年間峻烈なストーリーが展開されるはずです。

 ビデオリサーチ社調査による視聴率(関東地区)は、 第1回の 16・9%から 15・5% → 14・3% → 16・0% → 16・0%と推移。録画再生などのタイムシフトを加えた総合視聴率は、第1回に 22・1%をマークしたと公表されています。

 音楽は菅野よう子が担当。ゲーム音楽などの制作が主体なためか、週間選曲リストでは 1度も作品がリストインした経験がありません。そして過去14回の年間ランキングで 5回1位となっているNHK大河ドラマ テーマ音楽にも係わらず、おんな城主 直虎のテーマ音楽は、今週までリストインしていません。

 選曲者として初発の印象を特記するならば、やや冗長なほどオーソドックスな和声感で、500回記念 全期間1位(2010年 年間1位)の「龍馬伝」テーマ音楽。2014年 年間1位の「平清盛」テーマ音楽あたりとでは、比較対照が難しいほどです。

 ただテーマ音楽ラストの和音構成には工夫が見られますし、週間選曲リストは 5曲のみ対象ですので、上位曲次第 あるいは これから発表される劇伴トラック次第で、もちろんリストインの可能性はあります。

 テーマ音楽よりも(笑)興味を引いた音楽効果は、柴咲コウ自身にありました。それは第4回放送「女子にこそあれ次郎法師」のラストで柴咲コウが登場した際に、観音経を歌いながら唱えるシーンです。この歌う観音経が、音楽的にも実に素晴らしかったです。この歌う観音経は、菅野よう子が作曲したそうですが、柴咲コウは驚く様な歌唱技術で こなしていました。

 柴咲コウは、週間選曲リストで「ひと恋めぐり」が2007年の年間 2位をマークしており、他に“ANOTHER:WORLD”や「影」もリストイン。さらに試行研究順位では“Trust my feelings”が登場しています。2002年 8月 2日 第9週順位まで遡れます。おんな城主 直虎は、意外なところに音楽性がみられるのです。

 1ヶ月経過して意外にも(笑)柴咲コウの卒のない演技と音楽性に救われた感じもある今年の大河ドラマ。現在放送中の「大河ファンタジー」精霊の守り人や、現代を舞台とした再来年の宮藤官九郎 大河に、将来の大河ドラマの方向性の模索が垣間見れる中、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の今後の展開に期待しています。

 2017年 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」5日 放送・第5回「亀之丞帰る」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 柴咲コウ → 三浦春馬 → 高橋一生 → 杉本哲太 → 財前直見 → 吹越満 → 宇梶剛士 → 苅谷俊介 → でんでん → 筧利夫 → 市原隼人 → 菜々緒 / △ 春風亭昇太 → 尾上松也 → △ 阿部サダヲ / ○ 前田吟 → ◎ 小林薫 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年02月10日 の週間選曲リストと『 おんな城主 直虎 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。