FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第725回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    コーセー化粧品 ONE BY KOSE テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪僅か15秒だが調性に精密な技巧を感じさせる曲目不詳な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]


 このドラマの新番組情報を読んだ時に まさかと思いました(笑)。SBC テレビ東京・ドラマ24「バイプレイヤーズ ~ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」は、毎週欠かさず視てかつ全話録画もしています。久々に面白いドラマです。

 大杉漣、遠藤憲一、松重豊、寺島進、光石研、田口トモロヲと日本を代表する名脇役6人が、シェアハウスで3ヶ月間共同生活をする、とてつもないドラマ設定です。しかもゲストを含めて全員本人役という疑似ドキュメンタリー的な要素もあります。

 6人は、それぞれ重なりあうグループ分けが可能です。大杉漣と寺島進は北野組常連。松重豊と光石研はドラマ深夜食堂レギュラー、遠藤憲一・松重豊・寺島進は2時間サスペンスで主役クラス、さらに田口トモロヲと遠藤憲一は声優・ナレーター兼任(笑)と類別が出来ます。

 ゲストも初回に、殆どテレビドラマは出ない 役所広司が登場。荒川良々、池松壮亮、滝藤賢一、山口紗弥加、平田満、野村周平、竹中直人、古舘寛治、眞島秀和、森下能幸さらにギリギリで清水富美加などなど(笑)怱々たる面々が出演しています。

 第1話では光石研が、他のメンバーに主役張った事がないだろうとケチをつけ、つかさず寺島進に2時間サスペンスで主役をやっていると恫喝されます。

 ところが光石は、どうせテレ東だろうとさらにケチをつけ、それを聞いた遠藤憲一・松重豊が気色ばみ、空気を読んだ光石が、NHKとかキー局で主役やってないという意味だと弁解するのですが、遠藤憲一がテレ東もキー局だと怒り出してしまいます(笑)。

 そこに田口トモロヲがNHKの主役なら僕が手を挙げると、光石がつかさず「あんたBSだろう」と毒づき、田口トモロヲが怒って席を立ってしまうくだりは、大笑いしてしまいました。

 光石研は、映画主役の抜擢から俳優人生がスタートしてます。バイプレイヤーズの6人全員に、ドラマ・映画で主役経験はあるのです。そんな6人がシェアハウスで共同生活。本人として食卓を囲み、炊事・洗濯と家事の分担までします。

 ドラマ終了直後には、バイプレトークと称するフリートークコーナーがあり、まるでドラマ設定のシェアハウス生活とロケ撮影の長期滞在が、一体化している様な印象を与えます。

 このバイプレイヤーズは、何度も録画を視直すほど気に入っています。劇中劇の演技も6名全員申し分ないほど上手く、第2話の遠藤憲一と松重豊の当たっていない(笑)殴り合いや、第4話の寺島進と田口トモロヲの擬闘からの階段落ちなど鮮やかなものでした。

 日本のドラマ新作もオリジナリティが稀薄な作品ばかりになっていく中で、このドラマ24「バイプレイヤーズ ~ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」は、発想の大胆さとレベルの高さから、現状のテレビドラマに一石はおろか隕石でも投ずる様な(笑)作品で、その起きた波紋は見上げる様な高さで、視聴者そして制作者サイドにまで押し寄せてきています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年02月24日 の週間選曲リストと『 バイプレイヤーズ ドラマ24 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。