FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第423回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    海援隊「贈る言葉」
    NHK総合・ミニ音楽番組「歌でつなごう ~ 被災者のみなさんへ」オンエアー曲
    ♪「3年B組金八先生 ファイナル」劇伴音楽としてもリスト対象。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    鈴木宏子「薔薇は美しく散る」
    CS ファミリー劇場・アニメ「ベルサイユのばら」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Kalafina“symphonia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」エンディング テーマ
    ♪1位 3週、登場 7週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    北島三郎「帰ろかな」
    NHK総合・ミニ音楽番組「歌でつなごう ~ 被災者のみなさんへ」オンエアー曲
    ♪番組の趣旨に合致した心底に染みる佳曲。


 我が家で春を告げる白梅の盆栽は、少しずつ先駆けの蕾が開花し始めました。例年より少し遅い開花のペースです。山紅葉の盆栽のほうは、まだ芽吹いていませんが、厳しい冬だった ここ信州でも、春の気配を感じています。寒風にも耐える生活を送っていた「東日本大震災」被災者の皆さんにも、暖かい日々は やってくると信じています。

 先日 我が家にある電波時計の調子が悪い事に気づきました。正確なはずの電波時計が、ラジオの時報と秒単位で合わなくなっているのです。毎日行っていた時刻の自動補正がされません。どうしたのか? と調べてみると、ここ長野県 松本市から約 300キロ先の福島県 田村市にある、おおたかどや山送信所からの標準電波が停波していたのです。

 福島第1原子力発電所から半径 20キロ範囲内で避難指示の範囲に入る、おおたかどや山 標準電波送信所は、職員が全員退避したとの事。小さな電波時計にも「東日本大震災」の影響が及んでいます。そこで電波時計を、屋外のベランダへ置いて手動により受信設定し、約 800キロ先にある佐賀県 佐賀市 はがね山送信所の標準電波を受信させています。

 標準電波は、長距離をカバー可能な長波放送のため、長野県 松本市でも屋外なら、どうにか受信して電波時計の補正が出来ています。「東日本大震災」の影響は、これから日本の社会広範囲に及ぶ事が避けられず、しかも年単位の長期戦になります。小さな電波時計ひとつの話ですが、創意工夫すれば、そのひとつを乗り越えられます。

 巨大地震の予測は、現代の科学でも難問中の難問です。このブログは、2003年 1月にスタートしていますが、その初年から震度 6弱以上の烈震に関する週間放送視聴日記を多く書いてきました。今回の大震災を契機に、その当時書いた週間放送視聴日記が、主要検索エンジン経由で、参考資料を求める方々から沢山のアーカイブを受け、お読み頂いております。

 今となっては「東日本大震災」の前兆地震だったとも思える 2008年の岩手・宮城内陸地震。私も激震を経験した 2004年の新潟県中越地震や、2007年の新潟県中越沖地震。それぞれの記載は、この8年間に日本列島で地震活動が活発化してきた事を示していたのです。これから何年も続く東日本大震災の余震も含めて、前震活動への警戒と注意が必要です。


(追記) 2011年 4月21日に、福島県 田村市の おおたかどや山送信所は、標準電波送信を再開しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2011年04月01日 の週間選曲リスト と『 大震災 と 8年間のブログ アーカイブ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。