FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第656回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪第41回 放送では 20時04分過ぎに流れた劇伴がリスト対象。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「デザイナーベイビー ~ 速水刑事、産休前の難事件」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”
    ♪1位 6週、登場11週。


 内閣の組閣や改造に関する日記は、いつも断行された週にブログへ書いているのですが、安倍内閣の場合 年末年始などと重なり遅れる事が しばしばです(笑)。今回はノーベル賞と重なりました。

 7日に、第3次 安倍内閣の改造がありました。

 麻生 副総理(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)を始め主要10閣僚は前日までに留任が内定し、組閣当日は 午後1時56分、留任した菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿が発表されました。NHK総合・長野放送・テレビ信州・長野朝日放送が生中継しています。

 新閣僚は10名で、その内 初入閣は9名。自民党内の派閥さらに連立与党である公明党との均衡を図っている人選でした。

 6月25日に 東京オリンピック競技大会(2020年 東京夏季五輪)担当大臣が専任で新設され、遠藤利明 大臣は 今回そのまま留任となっています。

 そしてTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を掌る 甘利明 経済再生担当国務大臣も留任となりました。

 甘利明 経済再生担当国務大臣は、戦国時代の甲斐・武田氏の重臣(武田四天王・武田二十四将)甘利虎泰の子孫です。甘利虎泰は 1988年の大河ドラマ「武田信玄」では 本郷功次郎。2007年の大河ドラマ「風林火山」では 竜雷太が演じています。

 1983年に新自由クラブから衆議院議員に初当選。新自由クラブ解党後の1986年に自民党入り。労働大臣・経済産業大臣を経て2012年末の第2次 安倍内閣からTPP交渉を担当しています。

 私は 正直言って日本を含んだTPPは、合意が難しいのではとずっと思っていました。明治維新以降の日本は 多国間交渉で成功した例が少なかったのですが、甘利 大臣は今までとは違った実に粘り強い長期に渡る多国間交渉を続けてきました。

 大筋合意の直前に甘利 大臣は「ゲームはやめて 誠実な対応で交渉すべき」とパブリックな呼び掛けもしています。TPP交渉の本質を突いた この発言の直後の5日に、参加12ヵ国間で大筋合意に至りました。

 TPPは、この後の調印による正式合意の後、最大の難関である参加国の議会による批准手続きが必要ですが、TPPが発効すれば世界のGDPの4割を占める巨大経済圏の「連合国」側に日本が入る事になり、甘利 大臣は我が国の歴史上初のタフ・ネゴシエーターに列する可能性があります。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・甘利明 経済再生担当国務大臣、4位・石破茂 地方創生担当国務大臣、5位・岸田文雄 外務大臣 となっています。

 先月19日に 平和安全保障の2法律(平和安全法制整備法・国際平和支援法)が成立しました。その日まで国会議事堂前でデモしていた人達や その論旨を見聞きしてみると、憲法違反を主張する反戦運動と言うより、憲法を盾に取った嫌戦運動に見えて、どうも胸に訴えるものがありませんでした。

 真の反戦運動とは、現に紛争が起こりそうな国家や地域に対する叡知を尽した働きかけが必須だと思います。今回のデモは その様な働きかけを前提とせず、全国でデモの行われていた場所は 常に自国銃後の安全圏でした。実効性のある平和を守る行動とは、国際紛争の芽を摘んでいく絶え間なき努力の積み重ねだと思うのです。

 但し安倍 首相の絶対的な強気は、60年安保当時の祖父・岸信介 元首相と やはり重なり合うものがあります。

 60年安保直後の第29回 衆議院総選挙は 296議席。そして70年安保直後の第32回 衆議院総選挙には 288議席と安保闘争に対する「嫌戦感」(笑)から自民党が大勝利した歴史を、安倍 首相は あのデモを見下ろしながら充分認識していたはずです。

 安倍内閣の支持率も、平和安全保障の2法律成立直後から最新の調査では早くも復調しています。ですから 60年安保直後の第29回衆議院総選挙の際に池田勇人 首相が打ち出した「所得倍増計画」の様な経済政策の大バルーンが、あの「一億総活躍社会」なのかも知れません。

 かつて内閣には色々な特命担当大臣が存在しましたが、加藤勝信 前官房副長官が新たに就任した「一億総活躍」担当大臣は トップクラスのユニークなネーミングです(笑)。

 老いも若きも一億総活躍しないとGDPの劇的上昇が望めないとの見通しは、GDP至上主義を貫く安倍 首相の懸念の現れとも受け取れます(笑)。第3次 安倍改造内閣から来年の参議院選への世論の流れに注目しています。


(追記) 2016年 1月28日に、甘利明 経済再生担当国務大臣は 違法献金スキャンダルから辞意を表明しました。TPP調印式直前の無念の辞任でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年10月16日 の週間選曲リストと『 第3次 安倍内閣改造 と TPP合意 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。