FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 7)
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪制作者の音楽特性である和音繰り返しを打楽器を中心に踏襲しながらも、コーラスやスキャットへの転調そしてストリングスの和声に、深い美しさを有した傑作に値する大河ドラマ テーマ音楽。

  2. 第 2 位 ( 6)
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( 6)
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”

  4. 第 4 位 ( 5)
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌

  5. 第 5 位 ( 4)
    NHK総合・ドラマ10「デザイナーベイビー ~ 速水刑事、産休前の難事件」劇中効果音楽 [池頼広]


 2015年も師走が押し迫り、このブログの更新は、今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2015 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2015年 1月 2日 第615回ランキングから、2015年12月18日 第665回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 40曲。選曲条件をクリアした楽曲数が 15曲と記録されています。今年の年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 7週 登場47週】① 花燃ゆ テーマ音楽。 【1位 6週 登場14週】② The Place Has No Name ストレイテナー。 【1位 6週 登場11週】③ Instant Crush Natalie Imbruglia。 【1位 5週 登場 8週】④ Addio a dio MAYUKO。 【1位 4週 登場 9週】⑤ デザイナーベイビー 劇伴音楽。

 以上の累積資料 と 参照先リストの選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。週間選曲リスト・ルールにあります通り、週間選曲リストの累積資料は、1位週数 と 登場週数に限定されていて、毎週公開される週間選曲リストにおける 2位から 5位までの順位に、累積資料作成の為に与えられる基礎数値は、等質かつ等価です。

 今年はルールに従い自動確定した年間1位楽曲の登場週数が、他を圧倒する成績でした。年間2位以下は、選曲条件をクリアした楽曲の中から、1位週数のデータを軸に 改めて慎重な選曲をまず行い、累積資料である 1位週数・登場週数 のデータを参考に順位を決定して、今年の年間ランキングが作成されました。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)2曲、ドラマ主題歌 1曲、ドラマ挿入歌 1曲、洋楽 1曲 となっています。

 今年の週間選曲リストは、1位推移を含めて上位の変動が比較的緩やかでした。英語曲目でかつ英語歌唱の楽曲が、年間ランキングに 3曲入っており、内 2曲は 邦楽、1曲が洋楽です。インストゥルメンタル系 と ヴォーカル系の楽曲バランスが取れ、今年も個性的な年間選曲リストが 作成・公開できました。

 内外情勢から安全保障問題で激動する中、善光寺御開帳もあった 2015年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2015年12月25日 の週間選曲リスト と『 2015 年間ランキング 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。