FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第591回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・木曜時代劇「吉原裏同心」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ
    ♪1位 3週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    笹川美和「続く」
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「珈琲屋の人々」主題歌


 我が家では、地元のCATVであるテレビ松本 さんに加入しているのですが、ここ 1 ~ 2ヶ月ほど時々郵便が送られてくる様になりました。長い間続いてきた東京キー局の地上波再送信を「テレビ東京」を除き、今月24日 午後 12時(25日 午前 0時)で打ち切るとの通知です。アナログと異なり、デジタルの地上波放送では 越境受信を想定していないのです。

 しかし そうは言っても、長野県内のCATV局にとって、在京の地上波テレビ放送が視聴出来るという事は、大きなセールスポイントでした。BS・CS放送は直接受信が可能ですから、東京キー局の再送信打ち切りは 大きな打撃です。我が家では この打ち切りに備えて、テレビ東京以外の在京地上波テレビ放送に、チャンネルスキップを設定して映らない様にしてきました。

 在京キー局は、テレビ東京だけ映る様にしていたので、あまり精神的な負担なく(笑)今回の再送信停止を受け入れる事が出来ました。テレビ松本 さんの場合、東京キー局再送信では ワンセク波も再送信されています。CATVを引きこんである居室の中では、そのワンセグの漏れ電波(笑)でテレビ東京が携帯で視られます。これが意外に便利なのです。

 テレビ東京は、系列局が長野県内にありません。テレビ東京も、ここ長野県 と CATV網が発達している山梨県の再送信には、比較的寛容と言われており、テレビ松本 さんには、2017年 3月31日までの再送信を認め、それ以降も延長協議に応ずる姿勢を示しています。テレビ東京の再送信は、県内CATV局にとって、絶対堅持しなければならないラインなのです。

 総務省は、NHKと民放共同で、東京キー局が特別に視られる地デジ難視対策衛星放送を実施してきました。その対象世帯は、約 7000世帯まで減ってきており、これらの世帯に対する恒久的対策も完了する見通しがついたとして、来年 3月末までに終了する事になりました。やはり地上波テレビの越境受信は、公に認めない方針を貫いています。

 県内地上波局 と 在京キー局に関して、ゴールデンタイム(19時 ~ 22時)は、一部のCMを除きほぼ同一です。違いが出るのは、平日深夜 や 休日午後などです。ラジオの世界では 既に法制化された放送番組の同一化が、地上波テレビでも実現すれば、再送信の必要も無くなりますが(笑)地方局の斜陽が鮮明なテレビの世界で、そんな時代は やってきてしまうのでしょうか?


(追記) 長野県内CATVのテレビ東京 再送信は、2020年 3月31日まで延長され、それ以降も協議が続く事になりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年07月11日 の週間選曲リストと『 在京キー4局CATV再送信終了 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。